So-net無料ブログ作成
検索選択

新たに涙 [ペット]

 今日はぽん太が亡くなって3年経った。亡くなる様子がつい数日前の出来事のように蘇り涙する。

 008.JPG

 好きだったまぐろとサケのお刺身をお供えした。生のお魚はダメと言うので当時は一切れの3分の一くらいしか上げなかった。 

 遊んでいた遺品のピンクの猫じゃらしを写真の前で振って遊んで上げた。今でも毎朝振って上げている。

 大好物は馬刺しとオカカだったけれど、思う存分上げたことは無かった。今思うとイッパイ食べさせて上げれば良かった。

 

 

 ブログ.JPG

 亡くなる年の2月、前足は輸液の為に膨れている。時間が経つと体に吸収されるが痛々しい姿だった。そのうちに吸収しなくなるらしい。

 寒いのにベッドの下や洗面所に行くので、仕方なくベスト着せる。 

 毎日自宅で輸液をしていた。「ぽんちゃん、今日は何処へしようか」と言いながらぽん太の首筋を摘まんで針を射す。 大人しい子だったので静かにしていてくれて助かった。

 でも、痩せた体に毎回輸液の針を射すのは辛かった。ぽん太はもっと辛かっただろう。 ご飯が食べられなくなって輸液で生き長らえて居るなんて・・・。約4か月続けた輸液を亡くなる2日前に中断の決心をする。

 中断すればぽん太の命は消えてしまうのだ。辛い決断だったけどこれ以上苦しい思いはさせたくなかった。でも本当は生きていてほしい。

 ぽん太の輸液をペットクリニックに貰いに行った時、ガリガリに痩せた猫を抱っこした高齢の男性が輸液をして貰いに来ていた。どんな姿になってもやっぱり生きていて欲しいのだろう。

  私の判断は正しかったのか? あの時続けて居たら、もう少しぽん太は生きていたかも・・・。

 

 

 眼も開かなくなりシリンジでお水を上げてもダラ~っとこぼれて受け付けなくなり、元気だったときのピンク色の口は真っ白。

 

 022.JPG

 ぐっすり寝て居る様なぽん太。私は数日ちゃんと睡眠を取って居なかったので朦朧とする頭で、25日午後に火葬場へ向かう。

 028.JPG 

 お骨の説明を受ける。 仏様の様な形のぽん太の喉仏。

 

 12.5.10.JPG 

 りみこさんやchatbleuさん達から頂いたお花に囲まれて。

 闘病日記を未だ開けないでる。

  それでも涙ぐみながら二人してDigital Photo Frameで繰り返してぽん太の写真を見ている。今夜も飲みながらまた見るだろう。親バカ丸出しで「可愛いね、ホントに可愛い!」「こうして見ると立派な猫だったね」なんて言いながら。 

  二人の潤滑油になって貰ったり、あのふかふかの柔らかい体に癒されたりぽん太が居て幸せだった! 

 

 


nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

nice! 23

コメント 8

リュカ

3年経ったのですね。
今日はご夫婦で飲みながらぽん太ちゃんのこと
いっぱいお話ししてください(^^)
判断が正しかったか、その答えは出ないと思います。
わたしも、ゆずが死んだあの日、
家に連れて帰ってきてよかったのか、もしも病院で点滴をしていたらあのとき死ななかったのかなって思うことがあります。
でも、あの日とった自分の行動を受け入れることにしました。

まちがいなく、ぽん太ちゃんは
幸せだったと思います^^
by リュカ (2015-04-24 17:23) 

majyo

3年たったのですね。
悲しみは癒えませんよ。
私も5年たちましたが、似ているワンコをみるとつらい
同じように薬も水も受け付けず1週間
最後の2日間は、大声で叫ぶので 車の中で夜も
過ごしました。認知症になったのです。
ありがとう! それが私からの言葉でした。
ponntaさんも幸せでしたね。思い出さえも幸せだと思います。
書いたものも、最後の動画も残っていますよ。



by majyo (2015-04-24 19:17) 

ChatBleu

もう3年も経ったのですね。驚きです。
リュカさんもおっしゃっているように、正解はわからないですよね。
でも、それまで一緒に過ごした日々は
ponntaさんご夫妻とぽん太ちゃんにとって、とっても幸せな
時間だったと思います。
by ChatBleu (2015-04-24 21:34) 

green_blue_sky

時間がたっても忘れることはないでしょう。
思い出とともに、心の中で生き続けますからね。
ペットと人との関係は違います。なくなるとさびしい。
ミッキーは5kg台です。
あと4か月で、うちのニャンズは丸2年過ぎます(^▽^;)
騒々しい日々ですが、いなくなったら・・・というより私のほうがニャンズより早いかも(笑)
by green_blue_sky (2015-04-24 21:56) 

りみこ

一緒に過ごした思い出を語ると、幸せだった時間を思い出して
切なくなりますよね
一緒にいたなんでもない毎日がどれだけ大事な時間だったのかと
かりくると一緒にいてもお嬢を恋しく思いますよ。
また、きっと会えます。私はそう信じています
by りみこ (2015-04-25 06:16) 

Ginger

ぽん太ちゃんは、パパとママのために精一杯天寿をまっとうしたのだと思います。。。何年経っても、涙が溢れると思うけど「あの時、こうしてあげたら!」とご自身を責めるのは、もう・・・ときっと、ぽん太ちゃんも願っていると思います。。。
素晴らしい子に恵まれたご縁と幸福な時間は、ずっとずっと永遠に!
by Ginger (2015-04-25 14:19) 

ちゅんちゅんちゅん

こんばんは!
痛いくらい伝わってきました・・・
言葉がありません。
ぽん太ちゃん こんなに愛されてしあわせな猫ちゃんだったと思います。
また逢うその日まで きっといつも傍にいてくれてると思います。
by ちゅんちゅんちゅん (2015-04-27 20:02) 

まる

ご無沙汰しています
久しぶりにソネブロを開いています。
ブログのタイトルが変わっていて驚きました^^!
遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。

もう3年たつのですね・・・時の流れは早いですね。
何年たっても悲しい気持ちは癒えないと思いますが
素敵でかわいいぽん太ちゃんに出会えたご縁に感謝ですね。
by まる (2015-05-19 12:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。