So-net無料ブログ作成
検索選択

文体の変化? [雑記]

 001.JPG 

 庭に顔を出したと言って、ほんの少しですが蕗のとうを頂きました。

 刻んでお味噌汁に散らして春の香りを楽しみました。毎年、宮城県の知人が沢山蕗の薹を送ってくれるのですが、車の運転を思い切って止めたので山に行けなくなったそうです。

 ウチもとうとう車を手放しました。車にかかる費用ってバカにならないんですよね。だからと言って経済は今まで通りで、その分貯金なんか出来っこないです。私も免許返納をしてしまったし、今年になって一度も車を動かしていない、と言う事はそんなに必要じゃないと言う事だったんですね。 私もバスや電車を利用するようになってアッシーくんを当てにしなくなっていました。

 

 

  007.JPG

 ところで最近はいつも本はアマゾンで頼んで居ますが、以前読んだ本を読みなおしました。 

  本来の日本語使い方をしてた 芥川龍之介、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫に比べると随分文体が異なって来たようです。確かに単純で読み易い文章でしょうが変わって来た様ですね。

 日本文学史上最も美しい散文で人類初めての原爆体験を書いた小説家「原民喜」。

 疎開先の広島で被爆した後にこれを書きました。その凄惨な描写は想像を絶します。が、紛れの無い事実を書いています。この様な本も徐々に忘れられて行ってしまうのかな、と思うと残念です。 ただでさえ原爆の記憶が薄れ人々の眼がそちらに向かなくなっている現実を憂います。

 大正12年頃から詩作や雑文を書き始め、丁度朝鮮戦争勃発の最中に自殺してしまった人。昭和26年、46歳の若さでした。中央線吉祥寺駅と西荻駅間の線路に身を横たえたそうです。

 

 若い頃は外国文学ばかり読んで居ましたが、日本にも素晴らしい本がありますね。徹底的に史実の取材に徹した吉村昭の戦艦武蔵を少し前に読みました。奥さんの津村節子さんの小説も好きですね。

 

 余談ですがどこかで読んだ話。 

 石原慎太郎、 例の太陽の季節で芥川賞をとり裕次郎が銀幕デビューでセンセーションを巻き起こしましたが、あの障子の場面が話題になり、私も一応小説を読み映画も見ました。当時の時代と少しかけ離れた若者を書いていますが、なんでこんなのが芥川賞?と思ったものでした。 

 後に芥川賞の選考委員になったりしましたが、この方が作家であったことは一度たりとありません、と書いている人が居ます。所詮三流の物書きで文章も雑駁。

 その人が随分、昔に美輪明宏さんに伺った逸話として書いていましたが「三島さんみたいに精巧な建造物を文章でお建てになられるお方が、なぜあんなバラックしか建てられない作家を意識なさるんでしょう?」 三島さん答えていわく「あいつ、俺より足がなげえ。

 三島さんが対等に付き合ってくれていたのは、自分の文学的才能を認めていたからだ、と今でも思い込んでいるでしょうが、実は股下なのでした。だとさ!


nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 31

コメント 10

green_blue_sky

下段のほうは意味深な話ですね(^_^;)
どう解釈したらいいのでしょう(笑)
石原慎太郎さん、選考委員のどなたが言っていたように思えますが、最初読んで驚いたようです。今はそうではないですが、昔は、画期的だったのでしょう。
今は墓穴ばかりで・・・これ以上は醜態を見せないでほしいです。

平安時代と同じで漢文からひらがながでて読みやすくなった文化の変化、今後は絵文字だけになり、古代の人の文字になりそう。
結局、文化などはすべて繰り返すのでしょう。
by green_blue_sky (2017-02-17 13:31) 

NO14Ruggerman

三島さんと美輪さんの対談とはLGBT同士、濃そうですね。
by NO14Ruggerman (2017-02-17 17:16) 

kontenten

蕗の薹の季節になりましたね(^^)
kontenten興業の庭にも蕗の薹が出るのですが・・・
毎年穫り忘れます(><)
今年こそ・・・てんぷらで食べたいです(^_-)
by kontenten (2017-02-17 18:34) 

takenoko

どんどん季節がすすんでもうフキノトウですか。私は味噌を和えて田楽で食べるのががいいです。
by takenoko (2017-02-17 19:28) 

フサヲ

文語文のニホンゴが、やっぱり読みやすいです (= = )
(・・・と、メチャクチャなニホンゴ使いのフサが言う、汗)
いま、朝日新聞で、『吾輩は猫である』を再掲してますね!
あれ、けっこう読むのを楽しみにしています (。^ ^。)
ネットやと、第一回(4月1日分)から読めるようです ↓
http://www.asahi.com/articles/ASJ2B6FQ6J2BUCLV00S.html
現在の文学作品は全く読まないフサヲでも、
坂口安吾が好きでした。
講談社の高そうな装丁の文庫本(文芸文庫)は、
えぇシリーズやと思います d(^ ^ )゛
いま、ニホンジン誰しもが小さい頃に必ず読む文学作品、って無いですよね・・・
以前、スペイン人達に質問されて、答えることが出来ませんでした(涙)
by フサヲ (2017-02-17 21:57) 

さる1号

蕗の薹の季節ですねぇ
天麩羅で食べるのが好きだな
蕗味噌もいいな
by さる1号 (2017-02-18 09:11) 

りみこ

春の養生としては苦いものか良いそうです
蕗の薹はピッタリですね
by りみこ (2017-02-18 09:27) 

リュカ

原民喜さんは知りませんでした。
読んでみようかな^^
by リュカ (2017-02-18 10:34) 

Ginger

蕗の薹・・・春の訪れを教えてくれますね~♪ホロ苦い山菜を味わうと、土の下でずっと春を待っていたのかな、なんて思います。

原爆ドームに落書きしたりいたずらするガキがいると、怒りで憤死しそうになります!絶対に風化させてはいけないのに・・・語り部は引き継がれてほしいです。。。

三島の強い美意識と同じくらいのふり幅のコンプレックスは、創作のエネルギー源だったんでしょうねー。シンタロみたいに傍若無人じゃないから、長生きできなかったのかも。
by Ginger (2017-02-18 12:49) 

ぼんぼちぼちぼち

蕗の薹、春には必ず食べたいでやすね。
かくいうあっしはまだ今年は運悪く ありつけてやせん(◎o◎)
by ぼんぼちぼちぼち (2017-02-19 12:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。