So-net無料ブログ作成
検索選択

お土産から思う事 [雑記]


  2月26日(日)午後8時からのBS1のスペシャルただ涙を流すのではなく”分断する世界とアウシュビッツ”と言う番組を見た方もいるでしょう。
 
 普段TVは8時以降は殆ど観ませんので録画しておきました。
 
 
 丁度1月23日に妹夫婦が酷寒のポーランドに発った際、アウシュビッツの日本人ガイドが凄く良かったと聞いていました。 
 
  ポーランド日本人ガイドのお名前は中谷剛氏 。取材が有ると言っていたそうでこのBSの番組だったのですね。
 
 1月27日に生存者出席の追悼記念式典の模様で過酷な中で生き延び、式典に出席するのは体験者としての義務だと言う高齢男性の言葉に胸が痛みました。
 
 008.JPG
 随分前にこの本を読みました。是非読んでほしいです。
 
 難民受け入れ問題などで行き場を失っている人達、未だに紛争の真っただ中にいる人達。ベネズエラの経済崩壊で食事もできない子供たち、略奪が相次ぎ治安の悪さ。強ち、アウシュビッツでなされていたことが再び起こらないとも限らないのでは、と考えさせられました。
 
 日本は食品廃棄量が世界トップだそうです。約900万tの食べ物を捨て、輸入に頼っているくせに半分以上を捨てているとか。金額にすると111兆円に上るデーターもあるとか。
 
 やれ待機児童だ高齢者施設だ、医療費だと騒ぐ前に出来ることがあるだろうに。今朝ニュースで観たベネズエラの痩せた子供たちに分けてあげたいわよ。
 
 先日、亭主が賞味期限切れ(3日過ぎ)のコロッケパンをごみ箱に捨てたので、彼が出かけたのを見計らって拾って食べちゃったわよ。 お腹、な~んでもありませんでした。
 
 
 
 006.JPG 
 
  ポーランドのお土産貰いました。 蜂蜜が凄く美味しいらしい。ツアーだったのでお土産買う時間が・・・なんて言ってましたが家族が多いのに私にまでアリガト。
 
 たまぁに書くと取り留めもなくなってしまいます。お目汚しゴメンナサイ。 
 
 

nice!(37)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

恐い! 火事 [雑記]

 火曜日は朝から強風が吹き荒れていました。

 看板なんか飛んできたら嫌なので家に籠って居たら火事の警報が鳴りウチの近くのようなので外を見ると、あの強風で勢いよく煙がもくもく横になびいて居ました。

 ぁ~大変、この風じゃ、と独り言を言いながらアイホンを持って来て写真を撮りました。

 012.JPG

 午後4時過ぎだったかしら、太陽が西に傾き始めて富士山が霞んで見えました。

 鎮火しましたと言う拡声器の声が聞こえたのは夜8時近かったのかも。 なかなか消火できなかったのでしょう。

 火事の現場はどの辺だろうと、今朝新聞を見ても出ていませんでした。

 ところが、オオアザが出来ているにも関わらず、ピラティス筋トレ体操の二つをやっつけに出かけましたら、なんと私が行って居る体育館の入り口に消防車や消防士、警察の人達がワンサカいるではありませんか!

 001.JPG 

 体育館が火事だったのかと、一瞬思ったら体育館の入り口のお宅が全焼していたのでした。

 何でも住人は留守中だったとか。死傷者も出ず延焼を免れたのは良かったでしょうが、お隣さんは恐怖だったでしょうが水を被って大変。 家に帰ってみたら自宅が焼けてないなんて、お宅の人はどうするんでしょうね。

  乾燥しきって居るので瞬く間の火の勢いだったのでしょう。 私もガス台につい布巾を置いたりして亭主に怒られます。

 石油ストーブはやかんを乗せたり、洗濯物を乾かしたり便利でしょうが絶対やらない方が良いですよね。

 目の前に全焼のお宅を見て気をつけようと思った日でした。 

 


nice!(29)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

オオアザ [雑記]

 昔から体が柔らかくて、今でも前屈して掌が床に着く。

 先日も教室で両腕を上げて耳の横に腕がピッタリつくかどうかをやってみたら、殆どの人がつかないし腕が曲がっている。 柔軟性が失われると躓いたりしがちになるので気を付けねば。だからと言ってやり過ぎは故障の原因。

 少し前までは開脚で上半身が床にに着いていたはずが出来なくなった。辛うじて開脚して両肘までは付くようになったがお腹までついて両腕を前に伸ばせない。

 150907_01-300x200.jpg(拝借画像)

 ここまでは出来ない。両肘までしか。兎に角痛い!! 

 それで時間を見てやっていいたのだが、先日お風呂上りに左内モモに大きなアザを見つけて ビックリ!!それも付け根からひざ裏まで、紫色の地図状に!!

 慌ててネットで調べたらやはり柔軟性を高めるために開脚をしてアザが出来たと言う人が居た。

 答えは。  

 開脚運動をやりすぎて、筋膜の毛細血管が切れているのでしょう。 でも、心配ありません、本当の相撲や新体操の股割りはその筋膜 が切れるまで、やらされますから。 筋膜を一度切らないと、それ以上筋肉が伸びないので無理やりでも 切るそうです、だからみんな、開脚の柔軟体操で痛さのあまり泣く んですよ。あのお相撲さんでも、ポロポロ涙を流して耐えるそうです。 筋膜は切れても、薄いので運動するのに異常は出ません。 繊維状なので、すぐ再生します。

 

 とありました。私は相撲取りでも新体操の選手でもないので、暫くゆっくりの範囲でやろうと思います。つい頑張っちゃうんですよね。自分の年を考えなくちゃ。

 生まれて初めてのこんな大きなアザ、触るとちょっと痛い。 写真に撮ってアップしたいけれど見た人の眼が潰れるといけないので止めておきます。  


nice!(23)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

文体の変化? [雑記]

 001.JPG 

 庭に顔を出したと言って、ほんの少しですが蕗のとうを頂きました。

 刻んでお味噌汁に散らして春の香りを楽しみました。毎年、宮城県の知人が沢山蕗の薹を送ってくれるのですが、車の運転を思い切って止めたので山に行けなくなったそうです。

 ウチもとうとう車を手放しました。車にかかる費用ってバカにならないんですよね。だからと言って経済は今まで通りで、その分貯金なんか出来っこないです。私も免許返納をしてしまったし、今年になって一度も車を動かしていない、と言う事はそんなに必要じゃないと言う事だったんですね。 私もバスや電車を利用するようになってアッシーくんを当てにしなくなっていました。

 

 

  007.JPG

 ところで最近はいつも本はアマゾンで頼んで居ますが、以前読んだ本を読みなおしました。 

  本来の日本語使い方をしてた 芥川龍之介、谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫に比べると随分文体が異なって来たようです。確かに単純で読み易い文章でしょうが変わって来た様ですね。

 日本文学史上最も美しい散文で人類初めての原爆体験を書いた小説家「原民喜」。

 疎開先の広島で被爆した後にこれを書きました。その凄惨な描写は想像を絶します。が、紛れの無い事実を書いています。この様な本も徐々に忘れられて行ってしまうのかな、と思うと残念です。 ただでさえ原爆の記憶が薄れ人々の眼がそちらに向かなくなっている現実を憂います。

 大正12年頃から詩作や雑文を書き始め、丁度朝鮮戦争勃発の最中に自殺してしまった人。昭和26年、46歳の若さでした。中央線吉祥寺駅と西荻駅間の線路に身を横たえたそうです。

 

 若い頃は外国文学ばかり読んで居ましたが、日本にも素晴らしい本がありますね。徹底的に史実の取材に徹した吉村昭の戦艦武蔵を少し前に読みました。奥さんの津村節子さんの小説も好きですね。

 

 余談ですがどこかで読んだ話。 

 石原慎太郎、 例の太陽の季節で芥川賞をとり裕次郎が銀幕デビューでセンセーションを巻き起こしましたが、あの障子の場面が話題になり、私も一応小説を読み映画も見ました。当時の時代と少しかけ離れた若者を書いていますが、なんでこんなのが芥川賞?と思ったものでした。 

 後に芥川賞の選考委員になったりしましたが、この方が作家であったことは一度たりとありません、と書いている人が居ます。所詮三流の物書きで文章も雑駁。

 その人が随分、昔に美輪明宏さんに伺った逸話として書いていましたが「三島さんみたいに精巧な建造物を文章でお建てになられるお方が、なぜあんなバラックしか建てられない作家を意識なさるんでしょう?」 三島さん答えていわく「あいつ、俺より足がなげえ。

 三島さんが対等に付き合ってくれていたのは、自分の文学的才能を認めていたからだ、と今でも思い込んでいるでしょうが、実は股下なのでした。だとさ!


nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

病院の事(またまたスミマセン) [雑記]

 先日はコメントを下さった方々、有難う御座いました。  

 慰められ、元気づけられて本当に有り難いと思って居るこの数日です。

 今朝は8時20分の福祉バスで9時に予約してあった総合病院の耳鼻科へ行ってきました。  

 今まで通院していた耳鼻科で好転しないので思い切って先週の月曜日に総合病院へ変えてみました。  風邪からか、花粉症からか原因がわからないまま嗅覚が無くなり副鼻腔炎と診断されました。

 不思議と香水とか良い匂いは分かるんですよね。 以前、義母を満開の梅を見に誘った時に全然匂いが分らない、と言っていました。え?こんなに良い匂いが分らないの?とびっくりでしたが、自分が同じようになるとは。

 でも耳が聞こえない、目が見えないというのよりは良いや、と思ってますけど。

 CTの結果は重症ではないと言うことで、治療薬を貰いました。花粉の季節になって来たのでちょっと不安です。 次は整形外科で骨密度を測りましたら同年齢と比較すると100%、若年成人と比較すると78%でした。

 運転を止めて歩くようになったことや筋トレ体操などが効いているのかしら? 毎朝の納豆とお酢に浸したシラスや小女子、ウルメを食べて居るからかな?でもこれはず~~っと何年も前から。

 もう一つ喜ばしい事は、朝、夜の食事の前にショウガココアを飲み始めて3か月近くなりますが、毎日お通じが有るようになったことです。

 先日,胃腸科の先生にそれを言ったら「ショウガココアは良いらしいですね、それは朗報です」とニコニコ顔でした。漢方薬を貰いに行ったけれど飲む必要はないと言われて手ぶらで帰ってきました。

 病院に行くと車椅子を押してもらっている人、これから入院する人、様々な人達が入れ代わり、立ち替わり。ああ、この人達より自分はまだ良いんだ、と思って帰ってきました。 

 またまた病院や陰気くさい事でスミマセン。 

 

 キューバはスペイン語圏、最近は英語も通じるらしいけれど色々調べたら、アメリカからの飛行機はないし個人旅行では言葉が・・・。ツアーだと40~50万円かかるみたい。 治安は良いようですよ。お金が・・・体力が・・・今はベストシーズンなのにな、 なんて思いながら、毎晩ステップ踏みながらお茶碗洗っています。

 Lagrimas Negras 黒い涙 aの頭に点を打つのどうするの?


nice!(32)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

つまらない事だけれど [雑記]

008.JPG

 昨日のみぞれ混じりの寒い夜が明けたら西側に見える富士山と並んで、名も知らない山並みにも雪化粧が。邪魔な鉄塔が無ければ綺麗に見られるのに残念。

 

 ところで気になる事がある。先週の水曜日、筋トレ体操に毎回見かける男性が欠席だった。次の木曜日私はアロマコンディショニングの教室福祉バスに乗って行くが、いつも途中からその男性が乗って来て挨拶をする。

 その日も乗って来るかな?と思ったが乗らなかった。そして今週の水曜日、また姿が見えず、昨日の木曜日も福祉バスに乗らなかった。 昨日の雪混じりの雨は冷たく一瞬私も休もうかな?と思ったが、いいや今日は、とダラダラ休んでしまうと、つい何でもおざなりになり勝ちなので出かけたのだった。 

 その人は85歳。土日を除いて毎日福祉センターで老人の娯楽を楽しんだり、私が参加している筋トレ体操にも来ているのだと言っていた。

 福祉バスの後ろの席の方から今日も〇〇サン来なかったね、という声が聞こえたので、きっとあの人の事だと思った。

 

 いつも道ですれ違うのに、先日も自転車に乗っているのを見たのに、と言う人がピッタリ姿を見かけなくなったり、後で耳にすると入院したんだって、亡くなったんだって。 そんな事を聞くとショックだ。

 こんなになるとは思わなかった、なんて先日も白髪腰痛の事を友人と話したが、若い時は考えもしなかったことが起こり、こんな筈じゃなかったと言う事になる。 本当に困ったものだ。

 近所のご主人、奥さんが去年の7月に脳梗塞で倒れて入院して以来一人暮らし。ぜ~んぶ奥さん任せだったので何にも分らないって。オマケにひざ痛で肝臓も悪くて手術が出来ない状態だって。

 娘さんが居ても自分の生活が有るので一日に一回は来てくれても自分でやらなければならない。とっとと簡単に死ぬわけにも行かず、いやはや生きて行く事は大変な事で他人事ではない。

 もやもやした気持ち、せめてこうしてタドタドシク打って、そんな事知ったこっちゃない!なんて思われてもいいからアップしちゃおう!! 

 70代最後の如月を過ごしている自分が居る。まだ居る。 


nice!(29)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

エグニマ [雑記]

  イミテーション・ゲーム/エグニマと天才数学者の秘密 と言う映画amazonで観た。

 無知な私、恥ずかしながら今更知りました。 知っている方は多いでしょうに。

 第二次世界大戦中、ドイツ軍の暗号「エグニマ」を解読したのがイギリス人アラン・チューリング。暗号解読によってドイツは敗北した。

 エグニマの解読は戦争終結を2年以上早め、1400万人以上の命を救ったと歴史家たちは見ているとの事。

  事が事だけにイギリス政府は穏密裏に計画を勧め、この事実は50年以上も政府の機密扱いだった。

 チューリングは勿論、一緒に携わった人たちも存在しなかった、そのような事実は全て無かった事、と言う中19054年チューリングは41歳で自殺する。

 1885年~1967年迄英国法によって49000人の同性愛の男性がわいせつ罪で有罪になっていた。今でこそ同性同士の結婚も認められているがチューリングにおいても同性愛者であるため、牢獄に入るか注射のホルモン療法の選択を迫られ、注射をするが精神的に追い詰められて遂に自殺する。

 2013年、エリザベス女王はチューリングに死後恩赦を与え彼の偉業を称えた。 彼の偉業がチューリングマシンの研究に繋がり、今、こうして私でも何気なく使っているコンピューターとなったのだ。 

 

 題名が「イミテーション・ゲーム」なんて言うので期待しないで観たけれど、 ナチスドイツの暗号「エグニマ」を知り、悲運の数学者アラン・チューリングと言う名前も知った。 

 アメリカ計算機学会(ACM)はアラン・チューリングを記念して、チューリング賞を毎年コンピュータ科学で活躍した人々に授与しているそうだ。

 

 

 ★ エグニマ 時間のある方はどうぞ。 https://matome.naver.jp/odai/2136481199149565301?page=2


nice!(26)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに東京国立博物館 [雑記]

 ラテンジャスを聴いた翌日、8時25分の電車で、上野の東博に行ってきました。

 久しぶりの博物館、家から1時間半弱で辿り着きました。

 013.JPG

 池の周りにチューリップ。前の日と打って変わって北風が冷たい 。

 011.JPG

 行った証拠にここだけ撮影可能なので。 

 019.JPG

 017.JPG

 分厚い図録はもう買わない。重くて持って帰るのに大変、それにもう本棚に溜めこみたくないから。いつも通り一筆箋と「金地螺鈿毛抜形太刀」にあしらわれているニャンコのチャーミーだけ買った。

 そんなに混雑していなくて、一人でゆっくり観られた。今回の展覧会は本当に見応えがあった。1000年の至宝、まさに眼をみはるばかり。今はろくでもない人間ばかりに(失礼)成り下がってしまったけれど、やはり日本って凄いとあらためて痛感。 

 たっぷり2時間半も館内にいたので、ローッカーに預けたコート取り出して、遅い昼食に。

 

 水墨画をやって居た時は自分の展覧会や、その他の展覧会に3,4人で上野に繰りだして決まって行って居た「がんこ」

 一人でものんびり食事が出来るのでそこに決めた。

 014.JPG

 店内の飾り付け。

 016.JPG

 冷たい生ビールが美味しかった!もう一杯飲みたかったけれど我慢。だってそれからアメ横に行って毎朝食べるウルメとじゃこを買うんだもの。 スルメはやっぱりイカが捕れないって店員が言って居た。 北海道産の小ぶりな物、でも味は良いらしい。 春節とかでスーツケースを引っ張ってゾロゾロ大声の中国人。爆買いは影をひそめたそうな、でも湧いて出ていた。

 御徒町から東京駅ま。東京駅始発の中央特快でおのぼりさん、無事に家に辿り着きましたとさ。

 そして翌、水曜日はピラティスと筋トレ体操2本やっつけて、今日はアロマコンディショニングの教室です。 ちょっと今週は疲れたな。土曜日は予約の胃腸科クリニックだ。

 

 いっちゃえ!行っちゃえって簡単に言うけどキューバへの直行便は無し、カナダで乗り換えたり大変だぁ。マチュピチュに行った時はロスまで約10時間ロスからリマまで約8時間半だった。  半日以上飛行機の中は辛い。

 でも、行ってみたい!! 

 


nice!(35)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感