So-net無料ブログ作成

小倉百人一首に [雑記]

  母が百人一首が好きで、子供の頃みんなでカルタを広げてワクワクしながら取ったものです。
  疎開先の大きなお寺でかるた会があると母にもお誘いがあり、私も付いて行って見よう見まねで取りました。
 上の句を一声発するだけで素早く札を飛ばすような競技カルタと違ってのんびりしたものでした。
 一生懸命、上の句と下の句を覚えましたけれど、煩雑な日常にすっかりカルタのことなんか忘れていました。
   
    7A2CBF17-FC32-43CC-A960-2EFEF9234B70.jpeg
 古くなってしまったけれど日の目を見ずにしまい込んであったカルタ。
    651FEFCF-A3C4-475C-9845-394BB5AE7ED5.jpeg
     最近、田辺聖子の小倉百人一首 と言う文庫本を見つけたので読んでみるとこれが面白い。
  正直なところ古典も日本史も苦手な私にとっても大変分かりやすい。
 1000年も歌い継がれて来た恋歌や雅な王朝人が詠んだ定家が選んだ100首を短い文章で解説している。
 田辺聖子さん作品は読んだことが無いけれど、芥川賞作家で、文化勲章受章者で90歳になる。
  100人の詠み人は勿論、時代背景、それらを取り巻く人たちを簡潔にそれでいてつぶさに書いている。
 その昔 本名が分からない、まして男性か女性かの名前も判別出来なかった。
 カルタで見分けるには、読み札の絵で男女が分かるとか。  確かに納得。
    むらさめの       露もまだひぬまきの葉に   霧立ち上る   秋の夕暮れ
  母が「む」と発声すると 我れ先に取った札。   100首の中で「む」はこの句ただひとつなので覚え易かったのです。
      寂しさに  宿を立ち出でてながむれば    いずこも同じ秋の夕暮れ
  富める人も そうでない人も どこも同じに見える秋の夕暮れよ。
    情景が目に浮かびます。
 誰しも 一つは覚えたであろう小倉百人一首 あらためて目にして、このところアイパッドとパソコンに張り付いていたので清涼剤のようでした。
 
  ご心配頂いた消滅したアイパッドの写真は自力で 9000枚以上取り込む事ができましたよ。
 何回か失敗して成功しました。
    もう一つ
    花さそふ  嵐の庭の雪ならで ふりゆくものは 我が身なりけ
  母がこれをふざけて  こう読むのです。
  花さそふ  嵐の庭の雪ならで   ふりゆくものは  うしの キン●●
  弟妹たちはいっせいにゲラゲラ笑ったものでした。
  
 

nice!(31)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感

ipadの写真が消えた! [雑記]

 PCが壊れる前に、と外付けのハードディスクやPC上の写真をアイパッドに移し終えてヤレヤレとしていました。
      が! 消えました!
 今迄、iTunesで同期のやり方が今一なので、何度かappleサポートに電話しました。
  
 ドキドキしながら知識の無い私にとっては、サポートへの電話は冷や汗状態です。
それでも懇切丁寧に対応してくれるので助かっていました。
 
 Appleサポートで対応してくれる人も十分な対応が出来ない人も居る様で、途中スペシャリストと言われるベテランに代わります。
 私がサポートを受けたスペシャリスト(途中で変わった人)は海外旅行などのアルバムをちゃんと作成出来るようにアドバイスしてくれました。それで気になっていたことが解決されて一段落して居ました。
 先日、PC上にまだぽん太の写真が1000枚近くあることに気づき、知識があやふやな自分でやったらまた消えてしまうのではないかと、(以前、サポートを受けたのに消えたので)先日思い切ってサポートに電話しました。
 遠隔操作で言われた通りにして、「ここをクリックして大丈夫ですね」と念を押し、大丈夫ですよと言われて同期をクリックしたら、何と海外旅行の13個のアルバム7000枚近くが一瞬にして消えてしまったのです。
 今迄対応してくれた人は様子を見て暫く待ってくれたり、「もし不都合が起きたら私は今夜9時まで居ますので電話ください」と電話番号も教えてくれました。
 その人はスペシャリストで、しっかりサポートしてくれた人でした。
 私が理解しないのがいけないのでしょうが、解らない人に対して懇切丁寧にサポートするのが責務なのに、先日の人は簡単に電話を切ってしまし、折角あったアルバムが無くなってしまいホンット、ショックです。
 その人はきっと新人だったのでしょうね。名前を聞き逃してしまいました。
 また、ドキドキしながらサポートを受けるのってホント勇気がいるんですよ。
そう言うのが嫌だと思い、Dropbox等と言うソフトを使ってみたら、結局お金がかかるんですね。
 これらの写真だけなのでiPadに入れてしまえばソフトなんか要らないんだけど。
 ネットで調べてみると、iTunesで私のように取り込んだ写真が消えてしまった、と言う声を目にしましたけど。
 あ~あっ!また1からやり直し、頭の中は1万枚近い写真の事でイッパイです。
ハイ、勿論ipadストレージは月130円で払って居ます。なので消えることは無い筈です。
  
 今回で、同じ対応の仕方でもベテランと経験の浅い人とでは随分違うと思いました。
 今までサポートに電話して「スミマセン、スペシャリストに代わります」と言われたことが3回あります。
 やっぱりベテランは的確なサポートの仕方ですね。
 今まで写真が沢山入っていたiPadの重さが、急に軽く感じています。
    ヤレヤレ [たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

nice!(25)  コメント(13) 
共通テーマ:日記・雑感

湯船で [雑記]

  
  湯船の中でやって居る事、先ず目玉をグルグル上下左右に右回し、左回し20回。
と、同時に口を閉じて舌で上下の歯茎グルグル左右20回づつ。
 次に嚥下障害にならないようにベロを思いっきり突き出すのを50回。これは三浦雄一郎の父上敬三さんが湯船で100回やっていたと聞いた。
 私はとても100回は出来ないので50回。
 それから、左右の足首廻しを右回し、左回しに30回づつ。 足首を廻すと代謝が上がるそうだ。
 そして、上がる時は膝下、肘下にシャワーで冷水を1.2分かける。
 こうすると雪遊びの後のように、手足がポッカポカ。
 これは私に合っている湯船の中でしていること。
 眼とベロをグルグル、ベロを何回も突き出す異様な姿は人には見せられない滑稽さかも知れない。
 ただじ~~っと温まっているのでは時間がもったいないので有効活用だ。
上がってからも、足のマッサージ、ツボ押し。
 これやってるから長生き出来る保証はないだろうけれど。
 本当はコロッと死にたいし。このところ思いがけない事で憂鬱。ブログも止めようかなと思うし、でも、折角お友達になった人たちと疎遠になるのも寂しいし、複雑な今日この頃です。
     57144966-DA10-4110-9E5B-DD2BB72702FB.jpeg
  先日、体育館のテーブルに置いてあったサクラソウ。キレイ♪

nice!(34)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

ナデナデしたい [雑記]

 
    0DA5F674-1D1C-4B50-B4AA-4F407EA878E3.jpeg
 別々に花を買ってくる時が有って重なってしまいます。でも二人の気持ちを飾ってあげなくちゃね。
 ケーキ.JPG
 2月5日はお誕生日と決めていました。
 無題.jpg
 2012年2月5日。  もう相当具合が悪く、ベッドの下や部屋の隅っこに行ってしまうので寒さ対策にチョッキを着せていました。
 ケーキに近づいてヒゲがチリチリッとちょっと燃えちゃって大騒ぎした事も思い出です。
 ニャンコはケーキなんか食べなのにね。 人間様のお腹に収まったのでした。
 この後、2か月と少しでこの世から居なくなっちゃうなんて、この時は思いもしなかった。
 人間の子供の写真よりぽん太の写真が多いです。
 居なくなってもデスクトップで、保存しある写真で、この様にたまに見ているから寂しさ、悲しさが紛れるんでしょうね。

nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

買ってみました [雑記]

 またまた、冷たい北風が吹きまくっている日です。世間は3連休とやら。
 アイパッドとPCの併用でなんとか凌いでいます。
 先日、アイパッドのキーボードを購入しました。
 2352AB3E-9BC3-43E9-AF99-A3005E7908A0.jpeg
 アイパッドに充電しているところ。
 届いて早速使おうとしたら、動かない。アッタリマエですよね。
 設定してないんだもの。
 ダアレにも聞けないのでネット検索して出来ました。
 慣れるまでPCのキーボードと較べると使い勝手が悪いなぁ。 時々思うように変換が出来ないしね。
 ま、そのうちに慣れるかな? チャッチイので慣れる前に壊れるかな?

nice!(27)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

ルドルフ2世 [雑記]

 「ルドルフ2世の驚異の世界展」 於いて 文化村ミュージアムに行ってきました。
 神聖ローマ帝国のローマ皇帝、ローマ王、ハンガリー王ボヘミア王ハプスブルク家マクシミリアン2世皇后マリアの子。
 表示は色々されていますが、政治に無能でも文化的功績が大で教養に富んでいたそうです。
 結婚はしなかったようで芸術や学問の保護に尽力した結果、今私達はそのコレクションを観ることが出来るのです。
 ポスーターのアルチンボルトの皇帝ルドルフ2世の肖像を見ると、アルチンボルトは余り好きではないので、期待しませんでしたが何と満足した展覧会でした。 特に「驚異の部屋」は見応えが有りましたね。
 
  294FB80D-00CA-4D8F-82A9-CC44FF93E920.jpeg
  B47FB1FD-465B-4D0E-B25C-00EEFCB9B711.jpeg
 BC0DB21C-6F19-4F91-9422-F2CE5B2C745D.jpeg
 撮影許可の場所で。現代美術家フィリップ・ハースの彫刻作品。こう言うのよくわかりまシェ~ン!
 久しぶりの渋谷、ヒカリエ寄ってみて。年よりはお呼びでないかな?
 55B0CFA8-D6F9-40F1-8B1E-206D66097016.jpeg
 B2365476-1408-4F69-BF3F-EFFD9099B8A7.jpeg
 92AE6CB8-4644-4491-ADC5-BE2F61E25AC4.jpeg
 タイ&ベトナム アジアの味の小さなお店で昼食。美味しかったです。
誰かさんは必ず2品注文です。
 夕方はやっぱりイッパイに寄ってしまいました。
 5EA51142-C6B2-4D5E-8111-8F61DBA842A5.jpeg
 大衆酒場、ブリのお刺身とアラ煮は美味しかったけれど、銀杏は煎り過ぎ。
 名前を上げてボロクソに書きたいけれど、もう二度と来ないので止めておくことに。 以前は良く行ったんだけれどね~。
 あまり手抜きだとお客さん離れてしまいますよ~~。
 リュカさん宅訪問から、連日出かけていたので疲れました。明日の鎌倉オフ会は用事で残念ながら不参加。
 今日は午後からアロマでリンパのパーソナルマッサージに行きます。
1週間の疲れを流して貰いましょう。
 なんか、背景色が付いてヘンになっちゃった。読み難くてスミマセン。
 
 

nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

再び あお&うみちゃん

  6日(火)chatbleuさんとリュカさんのお宅へ伺いました。
 Chatbleuさんとは多分3年ぶりくらい前にお会いして居ます。
お宅訪問の様子はお二人に先を越されましたが、私も少し。
 974E0908-AA8A-48DC-8CE7-8F9295D7FE85.jpeg
うみちゃん、お久しぶりニャ(=^ェ^=)   立派なシッポでみっしり毛が密集しているのよね。
おチリの所をポンポンしたら尻尾を上に上げて気持ち良さそう。
でも彼女はにかみ屋さんなの。  天袋へ逃げたいのでリュカさんに開けてもらったら早速避難して我々が帰るまで姿を見せませんでした。
 かたやあお君は物怖じしない子で、ずーと私達のそばでウトウトしたり歩き回ったりで、声をかけても満更でもなさそうな気配。
   
 ああ〜〜!  なんて猫という生き物は人の心を穏やかにして笑顔をもたらしてくれるのだろう。
もう、いつまで見て居ても飽きない。
 Chatbleuさん製造の年代物の梅酒をチビチビ、ピザやサラダをつまむも、ピラティスの実演をするも、行き着くところはやっぱり目の前にいるあおちゃんになってしまう。
    3F8EB9A2-50E0-424D-8AC0-E18679383B82.jpeg
   D3068BC6-4DFC-4AEE-8EA9-E3CACDBA4174.jpeg
  
  足のはみ毛 ボウボウ 今日辺り切ってもらったかな?
   A5250B8D-2A1D-4B76-AF09-4447ED4AED4C.jpeg
     Chtbleuさんが作ったスリングに入れられて逃げようとするあおちゃん。
 でも、私達が帰ったら赤ちゃんのように入ってネンネしたんですって。 良かったね。
 
  8613234A-6032-4D7A-AB47-0478873C8E5C.jpeg
  どこのバーカウンター?  丸みがあって美味しい梅酒でしたよ。
   61DCBECA-6512-42F0-8EBA-24096EC63DDA.jpeg
   可愛いハンカチやコーヒーを頂きました。 chatbleuさん有難う御座いました。
 リュカさん、また2にゃんに合わせてね。

nice!(31)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

春遠からじ [雑記]

春は名のみの   風の寒さや
   谷のうぐいす    歌は思えど
時にあらずと   声も立てず
  
   時にあらずと  声も立てず
今日は立春、この「早春賦」に歌われているように正に、春は名ばかりで毎日寒いです 。
子供の頃、意味も分からず歌っていた文部省唱歌や童謡、「ふるさと」の冒頭”うさぎ追いし”を美味しいと思っていたし、「赤とんぼ」の”夕焼け小焼けの赤とんぼ “おわれてみたのはいつのひか”. のおわれては追われてではなくて、姐やの背中におんぶされて見た夕焼けや赤とんぼの事だとあらためて理解出来るようになった時良い詩だなあと思った 過ぎ去った 何十年も前の事。 現代は子守姐やなんか居ないしね。
早春賦の歌詞二番に今日も昨日も雪の空、今日も昨日も雪の空、と。うぐいすも唄いたいと思ってもあまりの寒さに唄う時期ではないとひっそりとその時を待ってる。
そう言えば毎年見かけていた鶯をこの2年ほど見ません。すずめも然り。
森の木々が伐採されて建て売りが建っちゃったからね。
D2E0B9DD-F4F0-4E66-A4DA-DEA84ABF5481.jpeg
未だ雪の残る玉川上水、早く暖かくなって欲しいです。

nice!(30)  コメント(14) 
共通テーマ:日記・雑感